スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 六戸
 
[スポンサー広告
M
テンペスト(上)読み終わりましたえ!!!!!!
ちょっ!おまえ!
こんな主人公がめっためたにされる小説だとは!!!!
次から次へと襲いかかる試練に、1日二章が限界って感じでした…ハラハラして。
ここまでやるか池/上/永/一先生!(特に誰って、まあじょていがいですよね!!)
まあこれが率直な感想として(笑)
全体として、登場人物のキャラ立ちが大変はっきりしている小説だと思います。
だから人物が多くてもすぐに「あーあいつね!」みたいに把握できました。ハリポタ新聞に頼りまくっていた私が!
いやでもみんな濃いなあ…(特に誰って、以下略)
あと珍しい題材を扱ってるからか説明が多いんですけど、文章が全体的にライトなので自分はさらさらと読めました。半分理解で進んでもあとで登場人物が解説してくれるし。
上下で厚くてしかも1ページ2段なんですけど、息をつかせない展開とスピードでわくわくしながら読めてしまいました。

あれー(笑)
なんかアマゾンのレビューのようになった!
とりあえず儀間ペーチンが好きでした。そしてなによりお兄さん…(面食いか)
いやほんと兄は泣かせるぜ。大好き。
そして真鶴はかわいすぎるのでないかなあ…!あんな子!けなげすぎる!そんで展開辛すぎる\(^O^)/
下巻はまた予約しなきゃだし受験終わってからにしようと思います。
うーん、この後どうなるんだこれ…
スポンサーサイト
posted by 六戸
 
[にっき
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。